HOME >> 戒名(法名)追加彫り

戒名(法名)追加彫り

墓石に文字を入れることを戒名(法名)追加彫りと称しています。墓石、霊標、塔婆(とうば)、生前彫り、など対象も様々です。墓石に追加するのか、霊標に追加するのか、お分かりにならない場合などはご相談ください。

文字入れ

墓石【軸石(竿石)】

建立時に彫り入れた後は、側面や裏面に追加していきます。墓石を取り外し持ち帰って文字を彫りれる場合には、お性根抜きが必要です。一方、現場で彫る場合はお性根抜きをしない場合がほとんどです。お性根抜きをした場合は、据付後、お性根入れ(納骨式)が必要です。


霊標

追加彫りをする際には現地彫りであれ、持ち帰って文字を彫る場合であれ、一般的にお性根抜きは行いません。


塔婆(とうば)

あらかじめ用意した塔婆を塔婆立てに置きます。


生前彫り

一般に赤文字で表記します。建立にかかわった方々が家族連名で表記したりします。


お墓についてのご相談はこちら フリーダイヤル0120-340-222